住職の紹介

納骨室をリニューアル!「沙羅双樹」と命名!

平成30年12月 納骨室リニューアル完成!

10年間  冥加金20萬圓 更新可能・年会費なし

資料

お墓をつくるまでご遺骨を預かってほしい
お墓まではつくらない・・・
など理由はそれぞれ。
あなたの大切な方を宣隆寺の納骨室「沙羅双樹」でお預りします。

【お問い合わせ窓口】
 真宗高田派 宣隆寺まで 〒513-0042 鈴鹿市長太旭町2-3-38
059-385-6670

新しいスタイルの納骨室「沙羅双樹」

沙羅双樹とは、お釈迦様の病床に、四方に二本ずつ相対して生えていたという木のことです。東西南北に生え、季節外れの花を咲かせたという言い伝えがあります。また、お釈迦様が亡くなったときには、鶴のように白く枯れて、悲しみを表したともいわれています。この伝説から、仏教徒にとっては、沙羅双樹は聖木になっていて、無常の象徴と言われています。

今回納骨室をリニューアルし「沙羅双樹・さらそうじゅ」と名づけました。


お参りしたいときに納骨室の外窓(火灯窓)から手をあわせることができます

  • 納骨室内部の様子

    納骨室内部の様子


  • 納骨室の内部から


    いつでも本堂の外よりお参りできます。(火気厳禁です)


  • 個別納骨壇


    火灯窓から内部を見ることができます。

火灯窓・花頭窓(かとうまど)と納骨室

火灯窓・花頭窓(かとうまど)は、おもに日本の、寺社建築・城郭建築・住宅建築などに見られる、上枠を火炎形(火灯曲線)または、花形(花頭曲線)に造った特殊な窓である。
納骨室「沙羅双樹」は、外部の火灯窓から納骨室を見ることができます。
大切な方をいつでもおまいりいただけます。

お問い合わせフォームはこちら

沙羅双樹